採用調査 密告者が調査対象者

先日、ある企業様から、採用調査の依頼がありました。

しかし、今回の調査は少しいつもとは違い、
採用予定者であるA氏とA氏の知人であるS氏について、
調べて欲しいという内容でした。

ん?なんで知人まで調べるの?と思われたかもしれませんが、
なんとこのS氏、御依頼人である企業様にA氏について、
様々な密告をしてきた人物なのです。

その密告内容とは…。

  • 履歴書に書かれているA氏の職歴は嘘である。
  • A氏は薬物使用の前科があり現在も薬物を常用している。
  • 反社会勢力と密接交際者である。
  • 警察はA氏が薬物を使用している事実を把握している。
  • 現在、複数の警察署がA氏のことをマークしている。

このような密告内容だと御依頼人としても気が気ではありません。

そこで、雇用がトラブルの火種となる可能性があることから、
密告内容の真偽、S氏の風評を確認するため御依頼となりました。

「後編」へ続く...。

採用調査の詳細はこちら