未分類

子供用GPSは必要か?役立つ場面や必要な期間も解説

子供用GPS

「GPSを子どもに持たせる親が増えているみたいだけど、本当に必要なの?」

「子供用GPS発信機って、実際どんな時に役立つの?」

そのような疑問をお持ちのお母様、お父様も多いのではないでしょうか。

最近は、子どもにGPS発信機やGPS機能付きのキッズ携帯などを持たせる親が増えていますが、自分自身が子どもの頃はGPSを持ち歩いている子どもはいなかったので、本当に必要なのだろうかと思ってしまいますよね。

今回は、子供にGPSを持たせる必要性、子供用GPSが役立つ場面、子供用GPSが必要な期間などについて具体的に説明します。

子供にGPSを持たせる必要性

まずは、子どもにGPSを持たせる必要があるのかという点を考えてみましょう。

必ずしも必要ではないが安心感につながる

結論からお伝えすると、子どもにGPSを持たせることは必ずしも必要なこととは言えません。

なぜなら、少し前までは、子どもがGPSを持ち歩くことはなかったけれど、多くの子ども達は問題なく成長して、大人になっているからです。

ですが、幼稚園から小学校低学年の子どもが友達と外で遊んでいて、暗くなっても帰宅しないと、ほとんどの親は心配になるのではないでしょうか。

そんな時、子どもにGPSを持たせていれば、今どこにいるのかが一目瞭然でわかるので、余計な心配をすることがなくなります。

つまり、子どもにGPSを持たせることは必ずしも必要ではないけれど、親の安心感につながるということです。

必要性を感じている親が多いのも事実

テレビのニュース番組などで幼い子どもの誘拐事件が報道されるのを見るたび、「我が子だったらと思うと、ぞっとする」という方は多いのではないでしょうか。

実際に誘拐される確率は低いかもしれませんが、2022年6月には、都内をはじめとする複数の地域の自治体宛てに、帰宅途中の幼稚園児や小学生を誘拐するという予告メールが相次いで届いたという報道がありました。

誘拐予告を警戒して、集団下校を実施したり、保護者にお迎えを求めたりするなどの対応を始める幼稚園や学校もあり、保護者の間にも大きな不安が広がりました。

そのような不安の中、我が子にGPS発信機を持たせて、いつでも居場所を確認できるようにする必要性を感じる親は増えているのではないでしょうか。

実際、子ども用GPS発信機やGPS機能付きのキッズ携帯を子どもに持たせる親は増えていて、ママ友などから「うちの子にもGPSを持たせるようにした」などいう話を聞いて、「うちも持たせた方がいいかしら」などと検討する方もいらっしゃるかと思います。

子供用GPSが役立つ場面

子供用GPSが必要だと感じる場面、実際に役立つ場面はどのような場面なのでしょうか。

子どもの居場所を確認したい時

幼稚園から小学校低学年のお子さんをお持ちのお母様は、子どもが幼稚園や学校からなかなか帰ってこない時、塾や習い事からの帰りが遅い時、友達と遊びに行って夕方暗くなっても帰ってこない時、など、「あの子、どこにいるのかしら?」と思った経験が一度はあるのではないでしょうか。

そんな時、GPSを持たせておけば、専用アプリで確認するだけで、我が子がどこにいるのか位置情報を見てすぐに確認することができます。

人が多い場所やイベントに行く時

休みの日には、家族でショッピングモールや遊園地などに出かけることもあるかと思います。

ショッピングモールや遊園地などの広くて人が多い場所で、親子がはぐれてしまい、子どもが迷子になってしまうと、どうやって探せばいいかわからず困ってしまいますよね。

ひたすら大声で子どもの名前を呼びながら歩き回ったり、遊園地などの迷子センターやインフォメーションセンターなどを訪ねて園内放送や館内放送をお願いしたりした経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

GPSを持たせておけば、そんなことをしなくても、専用アプリで位置情報を見るだけで、子どもがどこにいるのか確認し、すぐに探しだすことができます。

子供用GPSは専用アプリで外出先からも簡単に利用できるので、家族でのお出かけや旅行の時も便利に利用できます。

地震などの災害時

2011年3月に発生した東日本大震災の時は、携帯電話がつながらず、家族となかなか連絡が取れないという経験をされた方も多いかと思います。

子どもが学校や習い事からの帰り道など、外にいる時に、大規模な地震などの災害が起きた場合、連絡が取れないととても不安になるはずです。

そんな時、GPSを持たせていれば、すぐに専用アプリで子どもが今いる場所を確認して、向かうことができます。

大規模な地震が起こることは滅多にないことかもしれませんが、地震大国と言われる日本ではいつ大規模な地震が発生しても不思議ではないので、万一に備えることはとても大切なことです。

子供用GPSが必要な期間

子供用GPSが必要な期間はいつからいつまでなのでしょうか。

小学校に上がる時に持たせる親が多い

子どもの行動範囲が広がるタイミングとして多いのは、小学校に上がる時です。

幼稚園はバスでの送り迎えがあったし、近所の限られた友達と遊ぶ程度だったという場合でも、小学校に上がると一緒に遊ぶ友達も増え、行動範囲が一気に広がることが多いです。

また、小学校に上がると、一人で習い事などに出かける機会が増えることもあるでしょう。

小学校低学年の子どもは、まだ精神的にも幼く、身体も小さいので、親の目が届かない場面が増えることに不安を感じる親は多いと思います。

そのため、小学校に上がるタイミングでGPSを持たせることはおすすめです。

ただし、生活パターンには個人差があるので、親が必要だと感じたタイミングで持たせてもよいでしょう。

小学校卒業までは持たせておくと安心

小学校高学年になると、GPSを持たされることを嫌がる子どももいるかもしれません。

だいぶ成長して大人びた発言をするようになったし、見守りのためにGPSを持たせる必要はないかなと思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、小学生はまだ未熟な子どもです。

できれば、小学生のうちは、何かあった時のためにGPSを持たせておいた方が安心です。

まとめ

今回は、子供にGPSを持たせる必要性、子供用GPSが役立つ場面、子供用GPSが必要な期間などについて具体的に説明しました。

子どもの成長は親にとって嬉しいことですが、成長とともに行動範囲が広がり、親の目が届かない場所で過ごすことが多くなることは、心配の種になることもあります。

また、親が仕事などで忙しくて、子どもと一緒に過ごしたくても、一緒に過ごせない時もあるでしょう。

そんな時、離れた場所からも、子どもが今どこにいるのか一目瞭然でわかるGPS発信機はとても便利で、心強いアイテムです。

子ども用GPSはキッズ携帯のように親が契約していることが必須条件となることがなく、単独で契約できて、シンプルな料金設定になっていることが多いです。

例えば、soranome(ソラノメ)の場合、端末料金が14,520円、月額料金539円という良心的な料金設定になっています。

ソラノメは、2022年8月31日まで、5,500円オフになるお得なキャンペーンを実施中です。

初期費用はかかりますが、それ以降は月額500円代で、子どもの居場所がいつでもわかるという大きな安心が得られるので、コスパは十分といえるのではないでしょうか。

我が子の安全を守りたいという方はぜひ検討してみてください。