GPSを使用した浮気調査

車にGPS発信機を付けて自分で浮気調査した体験談

車にGPSを付けて自分で浮気調査した体験談

「車にGPS発信機を付ければ、自分で浮気調査できるの?」

「実際に車にGPS発信機を付けて、浮気調査をした人っているの?」

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は、車にGPS発信機を付けて自分で浮気調査したをした女性の体験談をご紹介します。

旦那の車に GPS をつけて浮気調査をしようと思ったきっかけ

私は、1996年に元夫と結婚しました。

夫は、介護の仕事をしている人で、とても優しい人でした。

結婚当初から2年ぐらいは、夫と私は、わりにうまくいっていました。というのも、夫は結婚当初、優しかったからです。

ですが、結婚して2年とちょっと経った頃から、夫が家に帰ってくる時間が遅くなりました。

介護の仕事は、いくら遅くても、夕方の6時〜7時ぐらいには仕事が終わるはずです。

それなのに、夫の帰宅は、いつも夜11時過ぎ。時々は、夜中の2時〜3時頃になることもありました。

私は、「帰宅の遅い夫が女性と浮気しているのではないか」と次第に疑うようになりました。

そんなある日、私が夫に、「どうして、毎日こんなに遅いの?」と疑問をぶつけました。

すると、夫は、「会社の仲間との付き合いの飲み会だ」と答えました。

夫は、「なぜ遅くなるのか」という私の質問が嫌だったようで、その時、とても面倒くさそうでした。

そんな夫に、私は次第に不満が募ってきました。

夫のその答えに、私は「そうなんだ」と、その時、言うしかなかったですが、心の中では、「絶対嘘だ!会社の飲み会がこんなにしょっちゅうあるはずがない。たぶん、女の人に会っているんだろう」と思っていました。

また、その頃、うちの家では、娘がまだ1歳で、育児も大変だったのですが、夫はその頃から、私の態度に内心不満だったようで、育児にあまり協力してくれませんでした。

私は次第に、ストレスが溜まっていったのです。

そのことを自分の両親に相談しても、「それは夫婦の問題だから、よく話し合って」と言われるばかりでした。

私は、両親が味方になってくれないことで、悩みを1人で抱え込むようになってしまいました。

そんなある時、私は、夫の車の助手席に乗りました。

その時、明らかに私の髪の毛とは違う、茶色い髪の毛を見つけたのです。

そして、私は、夫の浮気を確信しました。

しかし、その時、私は「この髪の毛は何?」と夫を問いただすことができませんでした。

なぜなら、そのように夫を問いただしたら、絶対喧嘩になってしまい、ますます、夫の態度が悪くなると思ったからです。

私は、次第に「夫が浮気している証拠を見つけたい」と思うようになりました。

夫が浮気していることがはっきり分かったら、もし、将来、離婚する時に、慰謝料を請求できると思ったのです。

それで、私は「夫の車に自分でGPS を付けて、 浮気の証拠を掴んでやろう」と考えました。

探偵に依頼するのではなく、自分で調査しようと思った理由

私は、自分で夫の車にGPS を付けるという行為は、リスクが伴うということを分かっていました。

それで、一旦は、「探偵事務所に浮気調査を依頼してみようか」とも考え、すごく悩みました。

インターネットで、いろんな探偵事務所のホームページを見て、探偵に調査を依頼するとなると、たった1回の調査でも、15万円以上の費用がかかることがわかりました。

200万円という多額な費用がかかる場合もあることがわかり、探偵に浮気調査を依頼することは断念しました。

当時、娘はまだ1歳で、子育てにお金がかかってしまっていたため、そのような多額の費用を支払う金銭的な余裕など、全くありませんでした。

それでも、私は、その頃、気分がモヤモヤしていて、「このモヤモヤをなんとか解決したい」という思いが強かったです。

それで、思いついたのが、夫の車に自分で GPSをつけて、夫が浮気している証拠をつかもうということでした。

プロネクストを選んだ理由

私は、「夫の車にGPS をつけよう」と考えはしたものの、実際、どのGPS 発信機が良いのか、まったくわかりませんでした。

そこで、インターネットで、 「GPS発信機 浮気」 というワードで、検索してみることにしました。

それで出てきたのがプロネクストというGPS 発信機だったのです。

インターネットで見ると、浮気、不倫調査に使えるGPS発信機として、 検索した上位の記事の中に、プロネクストのことが載っていました。

その記事を読んでみると、プロネクストをレンタルするメリットがいくつか書かれていました。

それによると、プロネクストは、精度がとても高い上に、検索速度が速く、自動検索機能があることがわかりました。

「これは良さそう」と私は思いました。

でも、レンタルする費用は、どれぐらいかかるのかが、やはり1番気になったので、これについても、インターネットで調べてみました。

すると、プロネクストのレンタル料金は、3日のプランで18,800円、30日のプランでも、38,800円であることがわかりました。

私は、その前に、探偵事務所に依頼した場合の費用を調べていたので、プロネクストのレンタル費用は安いと感じました。

そこで、プロネクストのレンタル会社に電話をかけ、プロネクストをレンタルすることを決めました。

GPS発信機を実際に使った感想

私は、それまで、GPS発信機を取り付けるという行動をしたことがなく、全く初めてだったので、「夫にバレないようにうまく取り付けられるか」そして、「ちゃんと浮気している証拠をつかむことができるのか」と、使う前は、とてもドキドキしていました。

「もし、夫に取り付けていることがばれたらどうしよう」という罪悪感が大きかったです。

私がプロネクストをレンタルした会社は、イチロクという会社で、レンタルを申し込んでから、およそ1週間で、プロネクストが家に届きました。

届いた時間は、昼間だったので、夫にバレることはなかったです。

実際に、プロネクストの端末が届いた時、手のひらに乗るくらいの小ささに驚きました。

また、プロネクストが届いても、「実際に自分がちゃんと操作できるのか」が不安な点でした。

私は、もともと、機械音痴だったのです。

それに、GPS をレンタルしていることは、他の誰にも相談できることではなかったので、操作を自分1人でやるしかありませんでした。

相談できるのは、イチロクの社員さんだけでした。

夫にバレないように注意しながら、私は夫が寝た後、夜中の1時頃に、夫の車にプロネクストを取り付けることにしました。

私は、30日間、プロネクストレンタルして、使ってみました。

取り付け方や、操作の仕方など、分からないことは全て、イチロクに電話をかけて聞きました。すると、イチロクの社員さんは、プロネクストの取り付け方や、操作方法などを丁寧に教えてくれました。

実際に、プロネクストを使ってみると、思ったより、操作や取り付け方が簡単で、助かりました。それに、思ったよりも、夫の立ち寄り先がはっきり分かったのが良かったです。

GPS発信機をレンタルした期間とかかった費用

私がプロネクストをレンタルした期間は、30日でした。

30日を選んだ理由は、1か月ぐらい調査してみないと、はっきりした浮気の現場をつかめないと思ったからです。

レンタルにかかった費用は、30日間で、38800円(税込)でした。

私にとってけして安いとは言えない金額ですが、探偵に依頼する費用よりは格段に安いと感じました。

GPS発信機の設置場所と設置場所を選んだ理由

私がGPS発信機を設置した場所は、夫の車のバンパーのすぐ後ろの車の底面です。

この設置場所は、イチロクの社員の方にアドバイスしてもらい、「車の底部なら、夫に絶対にバレないだろう」と思って選びました。

イチロクの方によると、熱くなりやすい車のマフラー周辺や、水に濡れやすいタイヤの部分には、つけない方が良いとのことでした。

底面だから、「磁石がつかなくて、落ちてしまうのではないか」という不安もありましたが、 落ちてしまうことはありませんでした。

車にGPS をつけて浮気調査した結果わかったこと

私がプロネクストを夫の車に設置して、2日目に、夫が浮気している証拠を掴みました。

それより前の1日間は、夫は、仕事の帰りに行きつけの本屋さんに立ち寄ったり、整体院や眼科に立ち寄っていることがわかりました。

ですが、浮気している現場とは、ちょっと違っていました。

私は、夫の車にプロネクストをつけてからも、「いつか、夫にバレてしまうのでは」 とか、 「設置しても、浮気の証拠が掴めなかったらどうしよう」と、毎日、ハラハラドキドキしていました。

その間、夫に何か話しかけられても、そのことが心に引っかかって、上の空のような状態でした。

私のスマホから、ログインすると、リアルタイムで、私の携帯に夫の立ち寄り先が表示されるシステムになっていました。

ですが、「もしかしたら、私がお風呂に入っていたりする間に、スマホを夫に見られてしまうのでは」という不安もありました。

そんなある日、私は、ついに、夫が浮気している証拠を掴みました。

その日、夫は、仕事を終えてすぐに、ガソリンスタンドに立ち寄っていました。

その後、浮気相手の女性と待ち合わせしたらしく、おしゃれなイタリアンのレストランに2時間ぐらい滞在していました。

それから、夜中近くまで、女性の住んでいるアパートの近くの駐車場に、夫の車が長い間、停泊していることがわかったのです。

案の定、その日、夫は夜中の3時頃、帰宅しました。

旦那の車にGPSをつけて浮気調査をした感想

私は、夫の浮気がはっきり分かった時、体に電気が走ったような大きなショックを受けました。

それと同時に、「やっぱりそうか」という落胆と、「嘘をついていた夫を許せない」という怒りがこみ上げてきて、とても複雑な心境になりました。

夫の車にGPS をつけて、浮気を調査したことは、私のモヤモヤ感を取り除いてくれはしましたが、同時に、大きなショックと怒りを私にもたらせたのです。

私は、GPS を実際に付けてみて、夫の浮気をはっきりつかんだという成果よりも、夫の浮気がはっきりしたというショックの方が大きかったです。

「なぜ、私がこんな思いをしなければならないの」と思うと、悲しさと情けなさで、とても辛かったです。

浮気調査の後の夫婦関係の変化

夫の浮気の証拠を掴んでから、3日経って、私はようやく、心がちょっと落ち着いてきました。

でも、その後も、私は、その証拠を夫につけるべきか、悩みました。

しかし、夫に、このことを話さないと、GPS までつけて、自分で調査した意味がないと考え、私は、夫に話をすることを決心しました。

私は、比較的、夫が早く帰って来た日に、夫に「浮気しているんでしょ?女の人の家に夜遅くまでいたよね」と切り出したのです。

すると、夫は、「なぜ、それがわかったのか」と驚いたように尋ねました。

私は、「イタリアンレストランのレシートが出てきた」と答えました。

しかし、夫は、「それは、浮気の証拠にはならない。会社の同僚と行った」と言い返してきたのです。

それで、仕方なく、私は、「実は、私が夫の後をつけた」と思わず、嘘を言いました。

GPS をつけて調査したという事実は、後ろめたすぎて、どうしても言えませんでした。

すると、夫は、「なぜそんなことをしたのか」と逆に私に怒りをぶつけてきました。

私はその時、今まで我慢してきた夫への怒りや、悲しみがこみ上げてきて、「あなたが浮気するのが悪いんでしょ」と叫ぶように、大きな声で言いました。

それを聞いた夫は、黙り込み、「もういい」と言って、外出してしまいました。

私は、その後、涙が出て、止まりませんでした。

それからしばらく、夫は家に帰ってきませんでした。

私も、家にいるのが辛くなり、娘を連れて、実家に帰りました。

そして、私は両親に、「夫の浮気が分かった」と話しました。

すると、両親は、しばらく実家でゆっくりしていくように言ってくれました。

それから1週間経って、私は「夫と、離婚に向けて、1度ちゃんと話をしたい」と思い、夫に電話をかけて、「もう1度、ちゃんと話そう」ともちかけました。

すると、その時、夫はようやく、「浮気して悪かったな」と私に謝ってくれました。ですが、離婚の話し合いをしている時も、夫と私の関係は、何かギクシャクしたままでした。

それから、2週間経ったある日、私は夫と離婚に向けた話し合いをし、その後、正式に協議離婚しました。

ですが、今、冷静に振り返って考えてみると、 GPSを夫の車に設置したことをとても後悔しています。

というのも、GPS を付けたことで、夫の浮気の証拠をつかめた点は良かったのですが、そのことは同時に、私に大きなショックを与えたからです。

それに、浮気の証拠を掴む目的だったとしても、車に GPS を付けるという行為は、私には、どうしても、卑怯なことに思えて、どこか後ろめたさが心に残っています。

今でも、浮気の証拠をつかむ手段として、車に GPSを付けたことは、夫にも、両親にも、親しい友人にも、誰にも話していませんし、これからも話すことはないと思います。

「夫の浮気の証拠をつかんだのは、私が夫の車を後から尾行したせいだ」と、私は今でも、周りの人に話しています。

また、自分のスマホで、夫の車の立ち寄り先を見ていたという行為も、「いつか夫に分かってしまったらどうしよう」と何か後ろめたい感じがしました。

車にGPS をつけて浮気調査をしようと思っている方へのアドバイス

この私の辛い経験から、これから、旦那さんの車に GPS を付けて、自分で浮気調査をしようと思っている方へ、私がアドバイス出来るとしたら、GPS で調査する前には、旦那さんと離婚しようというしっかりした覚悟を自分で持ってからした方がいいということです。

それから、自分でGPS を車に取り付けたということは、絶対、周りの人に言わない方がいいと思います。

もし、「旦那さんとまたやり直したい」という思いが少しでもあるなら、旦那さんの車に GPS をつける行為は、やめておいた方が良いです。

なぜなら、旦那さんの浮気という行為は、もちろん、許せないことですが、だからといって、車にGPS を付けるという行為は、手段として、方向性が少し間違っていると思うからです。

それに、浮気の証拠を旦那さんに吹き付ける時に、「なぜ、浮気がわかったのか」と旦那さんに聞かれた時、「GPSを付けた」と言うと、かなりの確率で、旦那さんは怒ると思います。

なので、 「GPSをつけた」とは言わずに、「それ以外の方法で、突き止めた」と嘘をつく必要があります。

例えば、「立ち寄り先のラブホテルのレシートを見つけた」とか、言う方が自然で、旦那さんを怒らせずに済むかもしれません。

このようなことから、GPS を車につけるには、それ以外の方法で浮気がわかったと言えるるために、他の証拠を用意しておくことが大切だと思います。

それから、事前に、旦那さんと離婚する覚悟を心に決めておくことも大切だと思います。

男の人は、浮気したことを悪いとは思っているものの、バレていないと思い込んでいるので、浮気の証拠を突きつけられた後は、夫婦の関係がギクシャクすることがほとんどだと思います。

以上のようなことから、旦那さんの車にGPS をつけることは、あまり、おすすめしません。

GPSをつける前に、冷静になり、慎重によく考えてから、自分の気持ちを整理した方がいいと思います。

まとめ

今回は、車にGPS発信機を付けて自分で浮気調査したをした女性の体験談をご紹介しました。

これからGPSを利用して自分で浮気調査をしたいと考えている方は、この方の体験談を参考に、本当にご自身で浮気調査をするべきか慎重に検討していただければと思います。