GPSを使用した浮気調査

カバンに入れてもバレない小型GPS発信機・隠し方や浮気調査の注意点も

カバンに入れるGPS発信機

「小型のGPS発信機を利用して浮気調査をしたいけど、旦那のカバンに入れてもバレないかな?」などとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

GPS発信機を利用して旦那の浮気調査をしたいけれど、バレずに実行できるのか不安だという方は多いかと思います。

今回は、カバンに入れてもバレない小型GPSを選ぶポイントや、おすすめの小型GPS、カバンの中の隠し場所や注意点などについて、まとめてご紹介します。

カバンに入れてもバレない小型GPS発信機の選び方

カバンにGPS発信機を忍ばせて浮気調査をしたい場合は、どのような基準で選べばよいのでしょうか。

選ぶ際のポイントについて説明します。

サイズが小さい

カバンに忍ばせるGPS発信機は、気づかれないためにも、できる限り小さいサイズのものを選ぶことが大切です。

普段、車で移動している場合は車体の裏側に設置すれば見つかる可能性が低いので、ある程度大きいGPS発信機でも大丈夫です。

しかし、カバンに入れる場合、存在感のある大きさだと「ん?なんか見慣れない物が入っているぞ?」などと気づかれてしまう可能性が高いです。

ただし、小さければ小さいほどよいというわけではなく、浮気調査に必要な性能を備えていながら、できる限りサイズの小さなものを選ぶ必要があります。

イチロクのPro-GPSのように、現役の探偵が浮気調査で利用している必要な機能が全て揃っているので安心です。

重量が軽い

GPS発信機をカバンに入れても気づかれないためには、小さいだけではなく、重量が軽いものを選ぶことも大切です。

サイズは小さくても、重量があると、「あれ?なんかいつもより重い気がするけど、何が入ってるんだろう?」などと、怪しまれる可能性があります。

黒くて目立たない形

サイズと重量だけではなく、見た目が目立たないことも大切なポイントです。

子供の見守り用のGPS発信機などには、黄色や赤などカラフルで目立ちやすい色のものもありますが、目立つと気づかれる可能性があるので避けて、黒くて目立たない形状のものを選ぶとよいでしょう。

カバンの中の隠し場所と設置方法

カバンにGPS発信機を忍ばせて浮気調査をしたい場合、バレないためには隠し場所や設置方法にも工夫が必要です。

具体的にどこにどのように隠せばよいのか説明します。

底敷きの下

パートナーの浮気調査をするためにカバンにGPS発信機を忍ばせる場合、可能な限りバレる可能性が低い場所に隠すことが重要なポイントです。

カバンの中で最もバレにくい場所は、底敷きの下です。

底敷きがないカバンの場合、100円ショップなどでカットして使えるバッグの底板用の芯材やプラ底板などを購入して、自作するという方法もあります。

ポケットがたくさん付いているカバンの場合、ポケットに入れるのが一番手軽な方法ですが、手を入れて探った時に、「あれ?なんか変なものがある!」などと気づかれてしまう可能性があるので、避けた方がよいでしょう。

底に近いサイド部分

底敷きを設置できない形状のカバンの場合、底に近いサイド(側面)部分に強力な両面テープなどで固定してもよいでしょう。

布など縫い付けられる素材の場合、カバンの内側と同じ色の布をGPS発信機より少し大きいサイズにカットして、GPS発信機に被せて縫い付けると、より確実に固定できます。

底に近いサイド部分は、カバンに手を入れても触る可能性が低い部分なので、この部分に固定できればバレるリスクを抑えることができます。

GPS発信機をカバンに入れて浮気調査するメリット

GPS発信機をパートナーのカバンに入れて浮気調査をすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

探偵に浮気調査を依頼するより格段に安い

まず第一に挙げられるメリットとして、探偵に浮気調査を依頼するよりも、格段に安い費用で済むという点が挙げられます。

探偵に浮気調査を依頼した場合、最低でも10万円程度、長期に渡る調査や難しい調査の場合は100万円以上の費用がかかります。

一方、GPS発信機をレンタルして浮気調査をした場合、最新型の高性能小型GPS発信機をレンタルして1か月に渡り調査をしても、3万円~6万円程度の費用で済みます。

尾行と違い、自宅にいながら調査できる

探偵に依頼することなく自分でできる浮気調査方法として、パートナーを尾行するという方法があります。

しかし、パートナーにバレないように変装して尾行するとなると、神経をすり減らすことになり、心身ともに疲労してしまうでしょう。

一方、GPS発信機をカバンに忍ばせて調査する場合、自宅にいながらパートナーの行動を監視することができるので、疲れることもありません。

また、尾行のように途中で見失う心配もありません。

かばんに入れて浮気調査するデメリットと注意点

GPS発信機をパートナーのカバンに忍ばせるという浮気調査には、デメリットや注意すべき点も存在します。

具体的なデメリットや注意すべき点について説明します。

バレると訴えられるリスクがある

2021年8月に施行された改正ストーカー禁止法により、相手の承諾を得ずに、GPSを使用して相手の位置情報を取得する行為が禁止されています

参考URL:ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部改正について(警視庁公式サイト)

GPS発信機をパートナーのカバンに忍ばせて、無断で位置情報を取得してパートナーの行動を監視していることがバレてしまうと、最悪の場合、訴えられてしまうリスクがあるのです。

GPSを使用した浮気調査の違法性についてはこちらの記事にまとめましたので、参考にしていただければと思います。

参考記事:GPSを使った浮気調査は違法?一線を越えないために知っておくべきこと

法的証拠能力の高い証拠は取れない

GPSを利用して浮気調査をした結果、パートナーがラブホテルに行っていることが明らかになったとしても、位置情報だけでは、その時、誰と一緒にいて、何をしていたのかわからないからです。

離婚や慰謝料の請求を視野に入れている場合は、法的証拠能力の高い証拠を集める必要があります。

  • パートナーと浮気相手がラブホテルに出入りしている写真や動画
  • パートナーと浮気相手が一緒に裸で移っている写真や動画
  • パートナーが不貞行為があったことを自白している音声の録音

このように、客観的に判断して不貞行為があったことが確実だと証明できる証拠が必要なのです。

GPSの位置情報だけでは、「たしかにラブホテルには行ったけど、眠くなったから一人で仮眠してただけだよ」などと言い逃れされてしまうかもしれません。

まとめ

イチロク

今回は、カバンに入れてもバレない小型GPSを選ぶポイントや、おすすめの小型GPS、カバンの中の隠し場所や注意点などについて解説しました。

カバンの中にGPS発信機を用いて浮気調査することにより、探偵に依頼するよりも格段に安い費用で、浮気の疑惑の真偽を確かめることができます。

ただし、GPS発信機を用いた浮気調査がパートナーにバレた場合、訴えられる可能性があるという大きなリスクを負うことになるという点には注意が必要です。

GPS発信機を用いた浮気調査を検討している方は、確実にパートナーにバレずに調査を完了できるか事前に検証することが大切です。

実際にどのようにカバンの中に入れて、いつ回収するのかなど、具体的な方法をよくシミュレーションした上で、慎重に判断するようにしてください。