医者が浮気しやすい4つの理由と浮気しているときの3つの特徴

医者が浮気しやすい4つの理由と浮気しているときの3つの特徴

世の中にはさまざまな職種があります。なかでも医者は浮気しやすい職種とされています。

医者は一般的に収入が高いことで知られているため、浮気しやすいように思えます。しかし、医者が浮気しやすい理由は収入の高さだけではありません。

また、医者は浮気しやすいだけでなく、浮気の仕方にも特徴があります。

この記事では医者が浮気しやすいと言われる理由や浮気の特徴、浮気を証明する方法などを解説します。

目次

医者が浮気しやすいと言われる4つの理由

医者が浮気しやすいと言われている理由は、大きく次のとおりです。

  • 収入が多い
  • 勤務体系が浮気を気付かれにくい
  • 周囲から好意をもたれる傾向にある
  • 社会的な地位が高い

浮気をするには、浮気相手との関係性にもよりますが、一定のお金が必要です。そのため、収入が多い傾向にある医者は浮気しやすいと考えられます。

また、勤務体系や社会的な地位も医者が浮気してしまう理由でしょう。

収入が多い

収入が多い

医者は他の職業よりも給与が高い傾向にあります。厚生労働省『第23回医療経済実態調査 (医療機関等調査)報告-令和3年実施-』によると令和2年度の医者の平均年収は次のとおりでした。(※1

  • 1,314万7,020円(1年の平均給与)+153万1,958円(1年の平均賞与)=1,467万8,978円

医院長になるとより高額になり、給与と賞与を合わせた平均年収は2,690万24円です。令和2年の正規社員の平均年収は496万円だったことを踏まえると、医者の収入がいかに多いかが分かります。(※2

このように医者は収入が平均年収よりも大幅に多く、金銭的な余裕があるため、浮気しやすいと考えられています。

(※1)厚生労働省:第23回医療経済実態調査 (医療機関等調査)報告-令和3年実施-(P303)

https://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/database/zenpan/jittaityousa/dl/23_houkoku_iryoukikan.pdf

(※2)国税庁:令和2年分 民間給与実態統計調査https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan/gaiyou/2020.htm

勤務体系が浮気を気付かれにくい

医者が浮気しやすい理由として、独自の勤務体系が挙げられます。勤務先によっては夜勤や当直が発生します。また、時短勤務や休日であっても急な呼び出しなどもあるため、勤務先によっては不規則な勤務体系になる可能性があるでしょう。

勤務体系が不規則なため、医者はパートナーに対して仕事があると言って外出しやすい状況にあるといえます。

周囲から好意をもたれる傾向にある

周囲から好意をもたれる傾向にある

医者は人の命や健康をサポートする立場です。そのため、周囲から好意をもたれる傾向にあります。また、人によっては命や健康をサポートする立場ではなく、収入面に対して好意を持つかもしれません。

このように医者は周囲から好意を持たれる傾向にあるため、言い寄られることも多いでしょう。その結果、本人が主導しなくても浮気に発展してしまう可能性があります。

社会的な地位が高い

医者は社会的な地位が高いということも、医者が浮気しやすいとされている理由のひとつです。

医者は収入が高いことで、社会的な地位が高いと考えられているだけではありません。医者になるまでは医学部に通い専門的な知識を身に着け、医師免許を取得する必要があります。

文部科学省の発表によれば、令和3年度医学部(医学科)の合格率は男女合計で13.55%と狭き門です。(※3)このような狭き門を突破したことも、医者の社会的地位を引き上げている理由のひとつです。

収入や医学部卒業といった経歴などから、医者は社会的な地位が高く、周囲から信頼される傾向にあります。医者に寄せられる信頼が浮気に発展する可能性があるでしょう。

(※3)文部科学省:令和3年度医学部(医学科)の入学者選抜における男女別合格率について(P2)

https://www.mext.go.jp/content/2021930-mxt_daigakuc02-100001375_1_2.pdf

浮気している医者の特徴

医者は収入や勤務体系、社会的な地位などから浮気しやすいと考えられています。では、浮気をしている医者はどのような特徴があるのでしょうか。

浮気をしている医者の特徴として挙げられるのは次のとおりです。

  • 看護師と不倫していることがある
  • 浮気用の賃貸マンションを保有している
  • 再び浮気する可能性がある

看護師と不倫していることがある

看護師と不倫していることがある

医者は看護師と浮気(不倫)している可能性があります。

医者と同様、看護師も勤務先によっては不規則な勤務体系です。そのため、意中の異性となかなか出会えない人もいます。

一方で医者とは頻繁に職場で顔を合わせているため、浮気に発展する可能性があります。

浮気用の賃貸マンションを保有している

浮気をしている人のなかには、浮気相手との会うための浮気用マンションを賃貸契約もしくは購入しているケースがあります。一般的にマンションを賃貸契約するもしくは購入するには一定の費用が必要です。医者の場合、 平均年収が多いため、浮気用にマンションを契約することに抵抗が少ないかもしれません。

浮気用のマンションを契約している医者の場合、物件の名義を本人ではなく浮気相手にしている可能性があります。そのため、マンションに関するさまざまな書類が自宅に届くことは少ないでしょう。

再び浮気する可能性がある

医者に限らず、浮気をした人はほとぼりが冷めたタイミングで再度浮気する可能性があります。特に医者は再び浮気をする可能性が考えられるでしょう。

医者は高収入で社会的な地位、信頼が強いため、周囲から好感を持たれる傾向にあります。たとえ、本人が浮気はもうしないと思っていても、医者だからといって言い寄ってくる相手はいるでしょう。

言い寄られてしまうと、人によっては再度浮気をしてしまうかもしれません。特に押しに弱い人の場合、再度浮気に走ってしまう可能性があります。

専門アドバイザーが責任を持って対応いたします
お電話しづらい方はこちらから メール相談窓口

医者が浮気しやすい異性のタイプ

医者が浮気しやすい異性のタイプは主に次のとおりです。

  • 患者
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 製薬会社の営業

いずれも医者が勤務先で知り合う可能性の高い異性です。

上記のようなタイプの異性以外にも、男性医師の場合は高収入の男性が通う高級クラブの女性と浮気に発展することもあります。

患者

患者

医者は勤務先で出会う患者と浮気する可能性があります。患者からすると医師は頼れる存在です。そのため、患者が抱く医者への信頼感が恋愛感情に発展するケースがあるでしょう。

特に男性医師の場合、美容整形外科のように女性の患者さんが多く来院する勤務先では患者と浮気に発展しかねません。

また、産婦人科のように女性を対象にした医院に勤務する男性医師は、患者と浮気してしまう恐れがあります。

看護師

先述のとおり看護師も勤務先によっては医者と同じように不規則な勤務体系です。不規則な勤務体系同士の医者と看護師の場合、異性との出会いが少ないため、職場で浮気に発展する可能性があります。

また、患者と同じく看護師のなかには医師に尊敬や信頼の念を抱いている人もいるでしょう。そのため、医師への尊敬や信頼がきっかけで浮気に発展しかねません。

薬剤師

薬剤師

薬剤師が医師の浮気相手になることもあります。多くの病床を持つ大きな病院や大学病院では薬剤師が在中しています。そのため、医者が薬剤師と交流する機会が多いでしょう。

また、病院に在中している薬剤師でなくとも、病院に出入りしている薬剤師が医者と浮気をする可能性もあります。

製薬会社の営業

MRと呼ばれる製薬会社の営業担当者が医者と浮気をすることもあるでしょう。製薬会社の営業担当者は自身の成績のために、病院の医者に営業をかける必要があります。このような関係から医者が浮気してしまうケースが考えられます。

医者の浮気を証明する方法

医者の浮気を証明するには次のような方法が挙げられます。

  • 自分で証拠を集める
  • 探偵に依頼する

なお、浮気の証拠を集めたとしても、すぐにパートナーに提示するのは避けましょう。決定的な証拠ではないのにパートナーに提示してしまうと、シラを切られてしまうかもしれません。

その後、浮気相手と口裏を合わせて、浮気の事実を隠滅しようとしてしまうでしょう。

浮気相手と肉体関係があったことを決定づける証拠が見つかるまでは、提示を避けることが大切です。

また、決定的な証拠を見つけたとしても、すぐに提示するのではなく、裁判や調停になるまで取っておきましょう。

自分で証拠を集める

自分で証拠を集める

医者のパートナーが浮気をしているのであれば、自分で証拠を集めてみましょう。

自分で証拠を集める際は、自宅のごみ箱やパートナーのポケットに、疑わしいレシートや領収書がないかをチェックします。

例えば、仕事と言って出て行った日なのにホテルに入室したことが分かるレシートがあった場合、浮気の可能性が高まるでしょう。

なお、パートナーの個室の中を勝手に探す、パートナーの机の中を勝手に探すといった行為はプライバシーの侵害にあたりかねません。

そのため、証拠集めは夫婦共有の場に留めておきましょう

パートナーのスマートフォンは勝手にチェックしない

自分で証拠を集める場合、ついついパートナーのスマートフォンをチェックしたくなるかもしれません。しかし、いくらパートナーであってもスマートフォンを無断でチェックすることは避けましょう。

パートナーであっても相手の同意を得ずにスマートフォンの中身を見てしまうとプライバシーの侵害にあたります。プライバシーの侵害に罰則はありませんが、損害賠償を請求されかねません。

また、パスワードを盗み見て勝手にスマートフォンのロックを解除することは不正アクセス行為にあたり、不正アクセス禁止法として3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。(※4

(※4)総務省:不正アクセス行為の禁止等に関する法律

https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/cybersecurity/kokumin/basic/basic_legal_09.html

浮気相手の職場や自宅を訪問しない

浮気相手の職場や自宅を勝手に訪問してしまうことも避けましょう。浮気相手の職場や自宅を無断で訪問すると、住居侵入罪や建造物侵入罪に問われる恐れがあります。

また、浮気相手の職場に浮気の事実を伝えることはプライバシーの侵害にあたります。

浮気相手の職場に執拗に電話するといった行為も威力業務妨害罪にあたりかねません。パートナーのスマートフォンのチェックと同じく、法律に抵触するリスクがあるため、浮気相手の職場や自宅を訪問しないようにしましょう。

探偵に依頼する

探偵に依頼する

医者の浮気は自分で証拠を集めるだけでなく、探偵に依頼することもおすすめです。

探偵は浮気調査のプロです。個人では証拠を集めきれない場合であっても、探偵であれば証拠を集めてくれる可能性があります。

例えば、一般人は尾行や張り込みができないため、証拠を集める方法が限られてしまうでしょう。

一方、探偵であれば尾行や張り込みが認められているほか、聞き込みをはじめとした専門的なスキルによって浮気の証拠を集めてくれます。

なお、探偵に依頼する際は次のような点に注意しましょう。

  • 探偵業届出を提出しているかどうか確認する
  • 多くの情報を共有する

探偵業届出を提出しているかどうか確認する

探偵は依頼内容を調査するために尾行や張り込みが認められています。しかし、尾行や張り込みが認められるのは、探偵業の届出を提出している場合に限ります。

なかには探偵業届出を未提出の探偵もいるでしょう。届出を未提出の探偵に依頼した場合、尾行や張り込みが認められないだけではありません。ずさんな調査によって満足いく結果を得られない可能性があります。

また、相場よりも高い調査費用を請求される可能性もあります。

多くの情報を共有する

探偵に医者の浮気を調査してもらうには可能な限り、多くの情報を共有しましょう。一般的に探偵は事前の情報量が多ければ調査期間が短くなるため、調査費用を抑えられます。

一方、事前の共有情報が少ないと調査期間が長くなるため、費用がかさんでしまいます。

そのため、パートナーの行動パターンをはじめとして、可能な限りの情報を共有しましょう。パートナーがどのように行動しているのかを把握するには、日頃からパートナーの様子を確認することが大切です。

医者のパートナーが浮気しているのであれば証拠を集めよう

医者は収入が高いだけでなく、勤務体系や周囲からの信頼、社会的な信用の高さから浮気しやすいとされています。

医者の場合、患者や看護師、薬剤師と浮気する傾向にあります。医者のパートナーが浮気しているようであれば、探偵に調査を依頼しましょう。

探偵にパートナーの浮気調査を依頼する際は、多くの情報を共有する、探偵業届出を確認することが大切です。

アイヴィ・サービスはこれまで数多くの浮気調査をしてきました。医者の浮気調査にも対応しているため、パートナーの浮気が疑われる場合はぜひご相談ください。

専門のライフアドバイザーによる無料の電話相談も受け付けています。

無料相談窓口はこちら
通話料無料 24h受付 匿名OK 秘密厳守 専門のアドバイザーが責任を持って対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。
探偵事務所のアイヴィ・サービスは、全国どこでも24時間365日、ご相談・お見積もり無料です。誰にも相談できずにお困りのあなたの「一歩踏み出す勇気」をお手伝いします。
お電話しづらい方はこちらから メール相談窓口
目次