消防士は浮気しやすい職業?5つの理由や対処法を解説

消防士は浮気しやすい職業?5つの理由や対処法を解説

一般的に消防士は浮気をしやすいとされています。消防士が浮気しやすいとされているのは、仕事柄ストレスを感じやすい、勤務時間が不規則などが理由です。

消防士のパートナーの場合、浮気を始めるといくつかの前兆が現れるでしょう。

この記事では消防士が浮気しやすいとされている理由や前兆、対処法などを解説します。消防士のパートナーの様子がおかしい、浮気をしている気がするといった方はぜひ参考にしてください。

目次

消防士が浮気しやすい5つの理由

消防士が浮気しやすいとされているのは、大きく次のような理由からです。

  • ストレスが溜まりやすい
  • 職場に男性が多い
  • 収入が安定している
  • 勤務時間が不規則
  • 女性から好意をもたれやすい

消防士は勤務時間が不規則な傾向にあるため、浮気をしてもパートナーに気付かれづらいというのが特徴です。

また、消防士は世間から好意を抱かれやすいというのも、浮気につながる理由でしょう。

ストレスが溜まりやすい

ストレスが溜まりやすい

消防士は他の職業と比較しても、ストレスが溜まりやすい職業といえます。

火災現場や災害現場といった神経を研ぎ澄ませる現場で作業をするため、ストレスが溜まってしまうでしょう。また、夜勤や急な出動、さらには日頃のトレーニングなどもストレス増加につながります。

このような職業であるからこそ、ストレス発散のために浮気に走ってしまう人もいます。

職場に男性が多い

消防士は男性が多い職業です。内閣府男女共同参画局の発表によれば、消防本部数及び消防吏員に占める女性の割合は、2020年で3.0%です。2005年の1.3%と比較すると増加したことが分かりますが、未だに男性が多い職業であることが分かるでしょう。(※1

そのため、女性と出会うケースが少なく、合コンやクラブなどに行く独身消防士も一定数います。

既婚の消防士であっても、同僚の独身者に誘われて合コンやクラブに行く機会も多いでしょう。その結果、参加した合コンなどをきっかけに浮気に発展してしまうこともあります。

(※1)内閣府男女共同参画局:消防本部数及び消防吏員に占める女性の割合の推移

https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/r03/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-04-07.html

収入が安定している

浮気をするには、浮気相手との交際費が必要です。消防士は公務員であるため、収入が安定している傾向にあります。

さらに、深夜手当をはじめとしたさまざまな手当が上乗せされるため、浮気相手との交際に必要な費用をポケットマネーで賄える可能性があります。

勤務時間が不規則

消防士は勤務時間が不規則です。そのため、平日であっても休日になることもあります。そのため、共働きの夫婦であれば、パートナーが仕事で家を空けているあいだに浮気相手と逢うことも可能です。

また、不規則な勤務体系のため、急な仕事を言い訳に家を出れるというのも、浮気しやすい環境といえるでしょう。

女性から好意をもたれやすい

女性から好意をもたれやすい

消防士は人命を救助する職業のため、世間から好感を持たれる傾向にあります。

女性のなかには、消防士の人命救助に取り組む姿に憧れや尊敬の念を抱く人もいるでしょう。このように、憧れや尊敬が消防士に対する恋愛感情に発展する可能性があります。

消防士であるパートナー本人に浮気をする気持ちがなくても、女性から言い寄られたことで、そのまま浮気に発展しかねません。

消防士が浮気相手と出会う場所

消防士が浮気相手と出会う場所として以下が挙げられます。

  • 合コン
  • 地域の活動
  • ジム
  • マッチングアプリ
  • 救命講習などの講習会

どこで出会ったとしても、消防士は女性に人気の職業のため、浮気に発展する可能性があるでしょう。

合コン

先述のとおり、消防士は職場に女性が少ない傾向にあります。そのため、男性で独身の消防士の場合、出会いを求めて合コンに参加することも多いでしょう。

既婚者であっても独身の消防士に誘われて合コンに参加することも考えられます。

地域の活動

消防士は地域のさまざまな活動に参加します。例えば、地域の防災訓練や防災啓発の活動などに取り組んでいます。

このように消防士はさまざまな地域の活動に参加するため、パートナー以外の異性と触れ合うきっかけも多いでしょう。地域の活動で知り合ったことを機に、浮気に発展する可能性があります。

ジム

ジム

消防士は過酷な現場で活動するために、日頃から体力をつけることが必要です。そのため、ジムに通っている人もいるでしょう。

体力作りのために通うジムも、消防士が浮気相手と出会う場所のひとつです。ジムに通う人は身体を鍛えたいといったように、共通の目的を持っている傾向にあります。

そのため、共通の話題で意気投合して浮気に発展しかねません。

また、ジムはシャワーを使用できるのも浮気に適している点です。浮気相手とラブホテルに立ち寄って自宅に帰ったとしても、ジムでシャワーを使ったといえば、石けんの匂いを疑われることはありません。

マッチングアプリ

マッチングアプリを利用して浮気相手と出会っているケースもあります。マッチングアプリによっては、職業ごとのコミュニティが存在しているものもあります。

このようなマッチングアプリであれば、消防士と交際したいという女性ユーザーからアプローチが来るかもしれません。

救命講習などの講習会

救命講習などの講習会

消防署では救命を目的として講習会が開催されています。消防士は救命講習に講師として参加します。講習会の参加と浮気に発展してしまうケースもあるでしょう。

講習会に参加するのは地域の住人だけではありません。看護師や看護学校の生徒が参加することもあります。互いに命を守る立場として意気投合して、浮気につながる恐れがあるでしょう。

消防士のパートナーが浮気している4つの前兆

消防士のパートナーが浮気をしている場合、次のような前兆が現れる可能性があります。

  • シフト変更や出動が増えた
  • 休日・夜の外出が増えた
  • 緊急なのに急いでいない
  • スキンシップが減った

シフト変更や出動が増えた

シフト変更や出動が増えた場合、パートナーが浮気をしているかもしれません。

消防士の勤務体系は不規則なうえ、緊急事態には出動せざるを得ません。しかし、あまりにもシフト変更や出動が増えたのであれば、浮気を疑ってみましょう。

休日・夜の外出が増えた

休日・夜の外出が増えた

休日や夜の外出が増えることも浮気の前兆です。休日や夜に外出して浮気相手と逢っている可能性があります。特に浮気相手が日中仕事しているのであれば、夜に飲み会や食事会などといって外出する機会が増えるでしょう。

また、休日に出動になったといって外出したのであれば、その日の仕事の様子を聞いてみましょう。浮気の口実として仕事と伝えていたのであれば、言葉に詰まるかもしれません。

緊急なのに急いでいない

消防士は緊急の出動があります。そのため、消防士のパートナーが緊急で出動するケースもあるでしょう。しかし、緊急の出動にも関わらず急いでいない場合は浮気の言い訳である可能性があります。

例えば緊急の出動なのに身だしなみをチェックしているといった場合、浮気の口実に緊急出動と伝えているかもしれません。

パートナーの浮気が疑われるのであれば、緊急の出動時の様子を確認してみましょう。

スキンシップが減った

スキンシップが減った

消防士に限らずパートナーが浮気をしている際の前兆として、スキンシップの減少が挙げられます

浮気相手に対しての愛情や思いが勝ってしまい、パートナーへのスキンシップが疎かになってしまいます。相手からのスキンシップが減るだけでなく、こちらがスキンシップを図ろうとしても拒否されるケースがあります。

パートナーからのスキンシップが減った、スキンシップを図ろうとしても拒否されるようになったという場合は、浮気が疑われるでしょう。

消防士のパートナーの浮気は防げる

消防士のパートナーの浮気は次のような方法で防げるかもしれません。

  • スキンシップを増やす
  • 一緒にストレス解消をする

スキンシップを増やす、ストレス解消をする場合は簡単なことからスタートしましょう。

スキンシップを増やす

スキンシップが減ってしまうと、夫婦の関係が悪化する恐れがあります。例えばスキンシップが減ったことで、消防士のパートナーが寂しさを感じてしまい、浮気に走ってしまうかもしれません。

また、スキンシップの増加はセックスレス解消にも効果的です。

しかし、急にスキンシップを増やすといっても、夫婦の関係性によっては難しいでしょう。そのため、会話を増やす、一緒に食事をするといった簡単なコミュニケーションから増やしていきましょう。

一緒にストレス解消をする

一緒にストレス解消をする

消防士はストレスを溜めやすい職業なため、夫婦で一緒にストレスを解消することに取り組みましょう。ストレスを溜め込んだままにしていると、浮気をしてしまうかもしれません。

例えば、夫婦で共通の趣味を見つけてストレス解消する、夫婦で一緒に運動するといった方法でストレス解消に取り組むのがおすすめです。

浮気を防げなかったら探偵に調査を依頼

スキンシップを増やしたり、夫婦でストレス解消したりしても、浮気を防げない可能性があります。

消防士であるパートナーの浮気を防げなかったのであれば、探偵に調査を依頼しましょう。探偵に浮気調査を依頼することで、次のようなメリットにつながります。

  • 浮気の証拠を集められる
  • 第三者に知られずに浮気を調査できる
  • その後の身の振り方を相談できる

浮気の証拠を集められる

浮気の証拠を集められる

探偵に浮気の調査を依頼することで、浮気の証拠を集められます。

浮気の証拠はその後離婚する際や慰謝料を浮気相手やパートナーに請求する際に欠かせません。浮気の証拠がなく、離婚や慰謝料請求をしても、認められない可能性があります。また、証拠と思っている物では、認められないケースもあるでしょう。

例えば、パートナーと浮気相手が食事をしている写真では浮気(不貞行為)が認められません。浮気を認めてもらうには、ホテルを出入りする写真をはじめ、パートナーと浮気相手の間に性行為があったと判断できる証拠が必要です。

探偵はこのような具体的な証拠を集める能力に長けています

第三者に知られずに浮気を調査できる

消防士は公務員で世間から信頼されている職業です。そのため、消防士であるパートナーが浮気をしていることを第三者に知られたくないという人もいるでしょう。

自分でパートナーの浮気調査をするとなると、周囲に聞き込みをするケースがあります。そのため、第三者にパートナーの浮気を知られてしまいます。

一方、探偵に浮気調査を依頼すれば、探偵にこそ知られてしまいますが、自分が関係する第三者にパートナーの浮気を知られることはありません。また、自分で浮気調査をするとなると、第三者ではなくパートナーや浮気相手に気付かれる恐れがあります。

しかし、探偵であればパートナーや浮気相手に顔が知られていないため、浮気調査がバレる心配はないでしょう。

その後の身の振り方を相談できる

消防士のパートナーが浮気していた場合、離婚するのか夫婦関係を再構築するのかといったように、身の振り方を考える必要があります。

探偵のなかには、浮気調査後にカウンセリングをしてくれるケースがあります。そのため、その後の身の振り方を相談できるでしょう。

特に消防士であるパートナーの浮気について周囲に相談したくないという方には、適しています。

また、探偵によっては弁護士をはじめとした専門家を紹介してくれることもあります。

弁護士は離婚や慰謝料請求の裁判において欠かせない存在です。一般的に弁護士の力に頼る必要がある際、すぐに希望する弁護士を見つけることは難しいでしょう。

そのため、探偵に弁護士を紹介してもらえれば、スムーズに裁判に進めます。

消防士の浮気が疑われるなら探偵に調査を依頼

消防士はストレスが溜まりやすく、職場に男性が多い、収入が安定しているなどの理由から浮気しやすいと考えられています。消防士が浮気相手と出会う場所としては、合コンやジムなどが挙げられます。

消防士のパートナーの浮気が疑われるのであれば、探偵に浮気調査を依頼しましょう。探偵に浮気調査を依頼すれば、浮気の証拠を集められる、第三者にパートナーの浮気を知られない、その後について相談できるといったメリットがあります。

アイヴィ・サービスはこれまで多くの浮気調査を実施しています。浮気調査が終了した後には弁護士をはじめとした専門家を紹介可能です。

消防士のパートナーの浮気に悩んでいる方はぜひアイヴィ・サービスにご相談ください。

無料相談窓口はこちら
通話料無料 24h受付 匿名OK 秘密厳守 専門のアドバイザーが責任を持って対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。
探偵事務所のアイヴィ・サービスは、全国どこでも24時間365日、ご相談・お見積もり無料です。誰にも相談できずにお困りのあなたの「一歩踏み出す勇気」をお手伝いします。
お電話しづらい方はこちらから メール相談窓口
目次