単身赴任中は浮気の確率が上がる?その理由や浮気を見破る方法とは

単身赴任中は浮気の確率が上がる?その理由や浮気を見破る方法とは

夫の勤務先によっては単身赴任が発生することがあります。

単身赴任になると家族とは離れて暮らすことになるため、人によっては夫が浮気をしているのではと疑ってしまうかもしれません。

夫が単身赴任中に浮気をしている場合、いくつかの方法で見破ることが可能です。

この記事では単身赴任中の夫の浮気について、理由や見破る方法を解説します。

目次

単身赴任が浮気のきっかけに!?男性の41%が浮気経験アリ

単身赴任が浮気のきっかけに!?男性の41%が浮気経験アリ

一般社団法人 日本家族計画協会の発表によれば、男性の41.1%がパートナー以外と性的関係にあると回答しています。

つまり2.5人に1人の男性が浮気しているという状況です。

年代別にみると次のように20代をピークに、徐々に減少していく傾向にあります。

  • 20代:54.6%
  • 30代:52.1%
  • 40代:43.4%
  • 50代:35.6%
  • 60代:29.5%

年代別で最も割合が低い60代であってもおよそ3.3人に1人がパートナー以外と関係を持ち、浮気をしていることになります。(※1

この調査は単身赴任しているかどうかは関係ありません。

妻の目が届かない単身赴任している夫だけを対象とした場合、さらに浮気経験をしている人の割合は高くなるかもしれません。

(※1)一般社団法人 日本家族計画協会:【ジェクス】ジャパン・セックスサーベイ2020調査結果報告書

https://www.jfpa.or.jp/pdf/sexservey2020/report.pdf P7,P32

単身赴任で夫が浮気する確率が高くなる4つの理由

単身赴任によって夫が浮気する確率が高くなってしまう理由として考えられるのは、次のとおりです。

  • 慣れない土地・環境での寂しさから
  • 独身時代の感覚でハメを外してしまう
  • 妻の目が届かずにバレにくい
  • 夫婦間のコミュニケーション・スキンシップ不足

例えば夫婦間のコミュニケーション、スキンシップが不足している場合、慣れない単身赴任先でより寂しさを感じてしまう恐れがあります。

1. 慣れない土地・環境での寂しさから

1. 慣れない土地・環境での寂しさから

大人になっても慣れない土地や環境で一人で生活していくのは寂しさを感じてしまいます。

単身赴任には期間があると理解していても、寂しさからパートナー以外の女性に浮気してしまうかもしれません。

寂しさを紛らわす趣味を持っているという夫であれば、浮気に走らないでしょう。

しかし、特に趣味がないという場合は浮気で寂しさを紛らわせようとしてしまいます。

2. 独身時代の感覚でハメを外してしまう

単身赴任になったら独身時代のように、一人での生活が始まります。そのため、ついつい独身時代の感覚に戻ってしまいかねません。

独身時代は家族の制約がないため、時間を自分の好きなように使えていたでしょう。

単身赴任の一人暮らしによって独身時代の気持ちを思い出してしまい、新たな出会いを求めようとハメを外してしまうケースもあります。

3. 妻の目が届かずバレにくい

3. 妻の目が届かずバレにくい

単身赴任は妻の目が届きにくいため、浮気がバレにくい傾向にあります。

なかには、妻の目が届かないことをいいことに浮気をする夫もいます。

妻の目が届かず、独身時代のような感覚に戻ってしまうと、浮気相手を単身赴任先の自宅に連れ込んでしまう可能性も考えられるでしょう。

4. 夫婦間のコミュニケーション・スキンシップ不足

夫婦間のコミュニケーション、スキンシップが不足していることも、夫の単身赴任中の浮気につながりかねません。

例えばコミュニケーション、スキンシップが不足していることで、夫がより寂しさを感じてしまい浮気に走ってしまう恐れがあります。

いくら妻が状況を確認できないからといっても、定期的に連絡していれば夫の浮気を防げるでしょう。

しかし、連絡をしていない場合、夫が気を許してしまい浮気をしてしまう恐れがあります。

単身赴任中の夫の浮気を防ぐために心がけたい4つの行動

単身赴任中の夫の浮気を防ぐためには次のような行動を心がけましょう。

  • 浮気リスクについて事前に話し合っておく
  • ビデオ通話などでこまめに連絡を取り合う
  • 定期的に会いに行く・帰省してもらう
  • いたわりの気持ちをしっかり伝える

いずれも特別なことではなく、すぐに実践できることです。夫が単身赴任する、すでに単身赴任しているといった場合は実践してみましょう。

浮気リスクについて事前に話し合っておく

浮気リスクについて事前に話し合っておく

夫がこれから単身赴任する予定であれば、事前に浮気リスクについて話し合っておくのが大切です。例えば次のような内容を話し合ってみましょう。

  • 浮気した場合は離婚する
  • 子供がいる場合は自分(妻)が引き取る
  • 夫と浮気相手に慰謝料を請求する

浮気した場合のリスクについて話し合っておけば、夫が浮気に走ってしまうのを抑えられます。

浮気リスクについて話し合った内容は書面に残しておくのもポイントです。書面に残しておけば夫がいざ浮気した際にも役立ちます。

ビデオ通話などでこまめに連絡を取り合う

ビデオ通話などでこまめに連絡を取り合うことで、夫の寂しさを解消できます。

また、ビデオ通話は妻の目が届いているというイメージを夫に与えられるため、行動に釘を刺せるでしょう。

例えば妻からビデオ通話が来るということが分かっていれば、浮気相手を自宅にあげるといったことはしづらくなります。

定期的に会いに行く・帰省してもらう

定期的に会いに行く・帰省してもらう

単身赴任中の夫には定期的に会いに行く、もしくは帰省してもらいましょう。

ビデオ通話による連絡であっても夫の寂しさを紛らわせることはできますが、直接会った方が夫の寂しさをより解消できます。

そのため、あまりに遠方ではない限り、定期的に直接顔を合わせるのが大切です。

いたわりの気持ちをしっかり伝える

ビデオ通話をかけた際や直接顔を会わせた際は、いたわりの気持ちを夫に伝えるように心がけましょう。

慣れない土地で一人で仕事をしていると、ついつい心が弱くなってしまうかもしれません。そのため、家族が感謝の言葉を伝えることが欠かせません。

感謝の言葉を伝えれば、家族の気持ちを無下にしないために浮気心を忘れてくれるでしょう。

単身赴任中の夫の浮気を見破るチェックポイント

単身赴任中の夫の浮気を見破るチェックポイント

夫が単身赴任中に浮気をしていないか見破るには、次のようなチェックポイントに着目します。

  • 単身赴任当初との帰省頻度の違い
  • お金の使い方が荒くなっていないか
  • 突然の訪問したときの反応に違和感がないか
  • 単身赴任先の住居に女性が入った形跡がないか
  • 知らない服や小物が増えていないか

夫の浮気を見破るには、単身赴任先の自宅を訪ねて怪しい形跡がないかなどを確認するのが効果的です。

単身赴任当初との帰省頻度の違い

単身赴任当初は頻繁に帰省していても、浮気をきっかけに頻度が減っていくことがあります。

帰省よりも浮気相手との時間を優先している、帰省した際に浮気を悟られたくないなどの理由から、なかなか妻のもとに帰ってこなくなってしまいます。

浮気をしていると帰省したとしても、すぐ単身赴任先に戻ってしまうケースもあるでしょう。

単身赴任先に戻って浮気相手と会う時間を作ろうと考えている可能性があります。

お金の使い方が荒くなっていないか

浮気をするにしてもお金がかかります。浮気相手と会うときの服やプレゼント、食事代など、出費はさまざまです。

そのため、浮気をし始めるとお金の使い方が荒くなってくるかもしれません。

夫がクレジットカードを持っている場合、明細が自宅に送られてくる可能性があります。

夫のクレジットカードの明細が自宅に送られてくるのであれば、何にいくらお金を使っているかを確認してみましょう。

突然の訪問したときの反応に違和感がないか

夫が単身赴任で浮気していないかどうかを確認するには、赴任先の家を訪ねてみましょう。

夫のもとを訪ねる際は事前に予定を伝えずに、アポなしで訪問するのがおすすめです。浮気をしている場合、突然の妻の訪問に慌てる可能性があります。

とくに浮気相手との予定が入っているケースでは動揺を隠せないかもしれません。

単身赴任先の住居に女性が入った形跡がないか

単身赴任先の住居に女性が入った形跡がないか

単身赴任先を訪ねたら、女性が入った形跡がないかを確認してみます。例えば排水口に長い髪が絡んでいたといった場合は浮気が疑われるでしょう。

また、普段自炊しない夫であれば、調味料や調理器具が豊富に揃っていることで浮気の可能性を判断できます。

知らない服や小物が増えていないか

単身赴任先に並んだ服や小物も浮気の判断材料です。単身赴任先に自分の知らない服や小物が増えていれば、浮気をしている可能性があります。

とくに夫や自分の趣味ではない服や小物が増えている場合、浮気相手の趣味に合わせようと夫が買いそろえた可能性があるでしょう。

専門アドバイザーが責任を持って対応いたします
お電話しづらい方はこちらから メール相談窓口

単身赴任中の夫が浮気をしていたときの対処法

単身赴任中の夫が浮気をしている場合、次のような対処法を取るのが一般的です。

  • 浮気の証拠を掴む
  • 話し合いをする
  • 同居を再開して単身赴任を解消する
  • 離婚・慰謝料請求する
  • 浮気の証拠集めを探偵に相談するのも方法の一つ

夫との関係を続けるか解消するか、どちらにしても浮気の証拠を掴むようにしましょう。

浮気の証拠を掴む

浮気の証拠を掴む

証拠もなしに浮気を問い詰めても夫にシラを切られてしまうかもしれません。

そもそも夫の浮気が自分の勘違いだったという可能性も考えられるでしょう。そのため、浮気の証拠を掴むことが大切です。

単身赴任中に夫が浮気しているかどうかの証拠は、浮気相手とのツーショットやメッセージの履歴では効力が弱いでしょう。

一般的に浮気の証拠となるのは不貞行為があったと判断できるものです。

夫が浮気相手とラブホテルに入退室する写真や性的関係を思わせるメッセージ、写真などを証拠として掴みましょう。

話し合いをする

夫の浮気が疑われる場合は2人で今後についての話し合いが必要です。

ただし、話し合いをする際はしっかりと証拠を掴んでからにしましょう。証拠を提示して言い訳ができないようにしたうえで、話し合うことが大切です。

なお、夫との関係修復を望んでいる場合、浮気を強く責めるのは避けましょう。あまりに強く責めてしまうと関係が修復できなくなってしまうかもしれません。

もし関係が修復できてもその後の夫婦生活に影響を及ぼしかねないでしょう。

同居を再開して単身赴任を解消する

同居を再開して単身赴任を解消する

夫が単身赴任中に浮気してしまったのは、寂しさや自由な時間が増えたことが原因かもしれません。

このような理由から浮気をしてしまったのであれば、自分が単身赴任先に引っ越して同居を再開するという方法もあります。

同居を再開することで、夫は寂しさをかんじづらくなり、空いた時間は家族に使えるようになるでしょう。

しかし、自分の仕事や子供の学校の都合で引っ越しが難しい人もいるかもしれません。

引っ越しが難しいのであれば、単身赴任先を訪ねる回数や帰省の回数を増やすようにしましょう。

帰省にかかる費用は夫の会社の帰省手当制度を確認

夫の浮気を防止するためには帰省を促すのが効果的ですが、旅費がかかってしまいます。

帰省にかかる旅費の負担を軽減するためには、帰省手当を活用しましょう。

企業によっては単身赴任者に帰省手当を支給しています。しかし、帰省手当の額や頻度は企業によって異なります。

あくまで目安ですが、厚生労働省の発表によれば2019年に支給された単身赴任手当・別居手当の平均額は4万7,600円でした。(※2

仮に帰省手当が単身赴任手当・別居手当に含まれている場合、4万7,600円以内の支給額と考えられます。

まずは、夫が勤める会社に帰省手当制度があるか、あった場合はどれくらいの額をどれくらいの頻度で支給されるかを確認しましょう。

(※2)厚生労働省:令和2年就労条件総合調査の概況

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/20/dl/gaikyou.pdf P15

離婚・慰謝料請求する

話し合ってみても夫婦関係の修復が難しいのであれば、離婚や慰謝料請求を検討します。

離婚や慰謝料を請求するにあたっては夫が浮気をしたという証拠が必要です。そのため、先述のような不貞行為を示す証拠を集めておきましょう。

不貞行為の証拠集めは夫との話し合いがこじれる前に進めておくことが大切です。夫に浮気の事実を確認した後では、警戒して証拠を残さないかもしれません。

なお、慰謝料は夫だけでなく、浮気相手にも請求可能です。

浮気相手に慰謝料を請求するには相手の名前と住所が必要なので、事前に把握しておきましょう。

浮気の証拠集めを探偵に相談するのも方法の一つ

離婚、慰謝料請求のための浮気の証拠は不貞行為が認められるものでなければなりません。

しかし、不貞行為が分かるような証拠を夫や浮気相手に気付かれずに自分で集めるのは難しいでしょう。

さらに単身赴任先までの移動の手間を考えると、証拠集めに時間がかかってしまうことは明らかです。

そのため、浮気の証拠を集めるのであれば探偵に相談するのもひとつの手です。

単身赴任中の夫の浮気調査を探偵に依頼するメリット

単身赴任中の夫の浮気調査を探偵に依頼するメリット

単身赴任中の夫の浮気調査を探偵に依頼する最大のメリットは、不貞行為を裏付ける証拠を集めてくれるという点です。

証拠集め以外にも次のようなメリットが期待できるでしょう。

  • 自分が不慣れな土地であっても尾行をしてくれる
  • 浮気相手の素性の調査も可能

自分が不慣れな土地であっても尾行をしてくれる

浮気調査は尾行や張り込みなど専門的な技術が求められるため、一般人には難しいといえます。

さらに、自分が不慣れな夫の単身赴任先で尾行するとなったら、夫や浮気相手に気付かれる、見失ってしまうリスクも高まるでしょう。

しかし、尾行や張り込みのプロである探偵であれば、それまで培ってきた経験によって全国どこであっても浮気調査をしてくれます。

浮気相手の素性の調査も可能

先述のとおり夫の浮気相手に慰謝料を請求するには、名前や住所が必要です。

夫が浮気相手について教えてくれれば調査は不要ですが、なかには相手をかばおうとする人もいます。

また、浮気していたはずの夫であっても本名や住所を知らない可能性もあるでしょう。

このような際に探偵であれば浮気相手の素性を調査可能です。

そのため、探偵に浮気調査を依頼することで、相手への慰謝料請求ができないというリスクを減らせるといえるでしょう。

単身赴任中の夫の浮気は探偵に調査を依頼しよう

夫によっては単身赴任をきっかけに浮気の確率があがる人がいます。

家族と離れて寂しいから、独身時代を思い出したからなど、浮気に走ってしまう理由はさまざまです。

どのような理由であっても、単身赴任中に夫の浮気が発覚したら証拠を集めましょう。

特に夫との離婚や慰謝料請求を考えているのであれば、不貞行為が明らかになる証拠を集める必要があります。

しかし、不貞行為の証拠集めは一般人には難しいでしょう。そのため、探偵に浮気調査を依頼するのがおすすめです。

アイヴィ・サービスは浮気調査について、豊富な実績を誇っています。

全国に支社があるため、夫の単身赴任先であっても調査可能です。

単身赴任の夫がなかなか帰省しない、女性の存在を疑わせる小物が夫の単身赴任先に置いてあったなど、浮気が疑われる場合はぜひご相談ください。

無料相談窓口はこちら
通話料無料 24h受付 匿名OK 秘密厳守 専門のアドバイザーが責任を持って対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。
探偵事務所のアイヴィ・サービスは、全国どこでも24時間365日、ご相談・お見積もり無料です。誰にも相談できずにお困りのあなたの「一歩踏み出す勇気」をお手伝いします。
お電話しづらい方はこちらから メール相談窓口
目次