浮気性の女性の特徴や心理は?浮気のサインや対処法を解説

浮気性の女性の特徴や心理は?浮気のサインや対処法を解説

浮気をしてしまうのは男性だけではありません。女性であっても浮気をしてしまうことがあります。

女性が浮気してしまう理由はいくつもあります。例えば寂しさに耐えられない、交際相手にすぐに飽きてしまうなどが挙げられます。

この記事では浮気性の女性の特徴や心理、浮気している女性に現れるサインなどを解説します。

また、女性の浮気を調査する際の方法についても紹介しているため、パートナーの浮気が心配といった方はぜひご確認ください。

目次

浮気性の女性の9つの特徴や心理

浮気性でついつい浮気をしてしまう女性の特徴や心理として、次の9つが挙げられます。

  • 男性とすぐ親密になる
  • 寂しがり屋
  • 押しに弱い
  • 男性にチヤホヤされたがる
  • 性欲が強い
  • いい加減なところがある
  • 途切れなく彼氏がいる
  • 自己肯定感が弱い
  • 飽きやすい

浮気性なのは女性自身の性格に拠るところもありますが、パートナーとの関係性も女性が浮気に走ってしまう理由のひとつです。

男性とすぐ親密になる

男性とすぐ親密になる

浮気性の女性は、さまざまな男性とすぐ親密になる傾向があります。

例えば飲み会やパーティなどで知り合った男性に対して過度なボディタッチを無意識にすることで、すぐに親密になってしまいます。

なかでも異性の友人が多い女性は男性も参加する飲み会に参加するケースも増えるでしょう。

飲み会で男性と親密になることで、そのまま浮気に発展してしまうかもしれません。

寂しがり屋

浮気性の女性は寂しがり屋という特徴もあります。寂しがり屋の女性は誰かにかまって欲しいという思いを抱いている傾向にあります。

たとえパートナーがいたとしても、相手との関係が冷めはじめている、コミュニケーションが減っているという場合、寂しさを感じてしまうでしょう。

その結果、パートナーがいたとしても浮気をしてしまうかもしれません。

押しに弱い

浮気をしてしまう女性の特徴のひとつが押しに弱いという点です。

押しに弱い女性の場合、浮気に乗り気じゃなかったとしても、男性からの押しを断れずにそのまま浮気に発展してしまうケースがあります。

また、押しに弱いのは新たな男性との浮気に発展しやすいだけではありません。これまで交際してきた男性からの強い押しに負けてしまい、関係を断てない可能性もあります。

男性にチヤホヤされたがる

男性にチヤホヤされたがる

「男性にチヤホヤされたい」と考えている女性も浮気性の気があるでしょう。

パートナーとの関係が良好であろうとも、他の男性からチヤホヤされたいと考えている女性もいれば、パートナーとの関係が良好でないために他の男性からチヤホヤして欲しいと考える女性もいます。

人によっては浮気相手からチヤホヤされなくなったら、別の男性と関係を持ってしまうケースもあります。

性欲が強い

女性であっても性欲に駆られて浮気をしてしまうこともあります。

特に、性欲が強い女性の場合、パートナーとの性生活に不満を抱いていると別の男性と浮気をしてしまうかもしれません。

いい加減なところがある

浮気してしまう女性の特徴として、いい加減なところがあるということが挙げられます。

例えば整理整頓ができない、忘れ物が多いなどルーズな性格の場合、男性関係もルーズになる可能性があるでしょう。

途切れなく彼氏がいる

これまで途切れなく彼氏がいたという女性も浮気性の傾向にあるかもしれません。

途切れることなく彼氏がいるのは、男性から言い寄られることが多い魅力的な女性といえます。

しかし、男性と交際することで寂しさを紛らわせようとしている可能性もあるでしょう。

そのため、パートナーとの関係が冷めてくると、寂しさを紛らわせるために別の男性と関係を持ってしまうかもしれません。

自己肯定感が弱い

自己肯定感が弱いことも浮気性の女性の特徴です。何人もの男性と交際経験がある女性というと、自信があるように思えるかもしれません。

しかし、浮気に走ってしまう女性は自己肯定感が弱い傾向にあります。

自己肯定感が弱いため、男性から褒められたり、チヤホヤされたりすることで、自分を肯定していくのです。

飽きやすい

パートナーや交際していた男性に対して、すぐ飽きてしまうという女性も浮気に走る可能性があります。

男性だけでなく、趣味や習い事、仕事などがコロコロ変わるという飽き性な女性は別の男性と浮気してしまうかもしれません。

浮気している女性に現れる6つのサイン

浮気している女性には次のようなサインが現れる傾向にあります。

  • 服装やメイクに変化があった
  • 見かけない下着が増えた
  • スマホを肌身離さず持つようになった
  • キス・セックスを拒否するようになった
  • 急に優しくなるときがある
  • 予定を執拗にたずねてくる

このような女性からこのようなサインが現れたら、浮気の可能性があるため、早めに対策を講じましょう。

服装やメイクに変化があった

服装やメイクに変化があった

浮気をしている女性は服装やメイクに変化が現れることがあります。

例えば、急に服装やメイクが若々しくなった、華やかになったというケースは浮気の可能性があります。

浮気相手に少しでも魅力的に見られたい、浮気相手の好みのメイクや服装を着用したいなどの理由で、服装、メイクが変化するかもしれません。

見かけない下着が増えた

見かけない下着が増えたことも女性の浮気のサインです。

特に派手な下着が増えた場合は要注意です。浮気相手からどう見られているかを意識していると考えられるでしょう。

服装やメイクと異なり、下着が増えたことは浮気相手との肉体関係が疑われます。

スマホを肌身離さず持つようになった

女性がスマホを肌身離さず持つようになっているのであれば、浮気の可能性が疑われるでしょう。

浮気をしている女性は、浮気相手からのメッセージをパートナーに見られたくない、気づかれずに浮気相手にメッセージを送りたいなどの理由で、スマホを肌身離さず持つようになる傾向にあります。

浮気を始めると次のようにスマホの取り扱いに変化が現れます。

  • 浮気相手からのメッセージ通知を隠すためにディスプレイを下に隠す
  • スマホにロックをかけるようになった

キス・セックスを拒否するようになった

キス・セックスを拒否するようになった

女性がキスやセックスを拒否するようになると浮気の可能性があるかもしれません。

浮気相手への思いが強まってしまうと、パートナーへの思いは冷めてしまいます。その結果、パートナーからキスやセックスを求められても拒否してしまいます。

急に優しくなるときがある

急に優しくなることも浮気している女性のサインです。急に優しくなるのには次のようにいくつかの理由が考えられます。

  • 浮気の罪悪感を和らげたい
  • パートナーに浮気をバレないようにしたい
  • 浮気がバレた際の保険にしたい
  • 浮気相手と会って機嫌が良くなった

急に優しくされると浮気の疑いを捨ててしまうかもしれません。しかし、優しくされたとしても、浮気をしていないわけではありません。

予定を執拗にたずねてくる

浮気している女性はパートナーの予定を執拗にたずねてくる傾向にあります。

パートナーの予定を確認することで、浮気相手と会うスケジュールを練っている可能性があるでしょう。

浮気をしている女性への対処法

浮気をしている女性への対処法

浮気をしている女性への対処法として以下が挙げられます。

  • 浮気をやめさせる
  • 浮気を理由に別れる

女性と今後どのような関係になりたいかをじっくりと考えてから、それに応じた対処法を講じましょう。

浮気をやめさせる

浮気をやめさせるには女性とじっくりと話し合うことが大切です。

例えば女性が関係性の悪化によって浮気をしてしまったのであれば、互いにどのような不平や不満を抱えているのかを話し合ってみましょう。

また、互いの不平不満を話し合うだけではなく、いかに大切なのかを女性に伝えましょう。女性に対して思いを伝えることで、真摯な気持ちに応えてくれるかもしれません。

浮気をやめさせるうえでは口約束だけでなく、誓約書の用意も効果的です。

誓約書を用意するうえで注意すべきなのが、誓約書の内容を厳しくしないという点です。

あまりに厳しい内容にしてしまうと、女性が不満を抱き、復縁が流れてしまう可能性があります。

浮気を理由に別れる

女性が浮気をしたことで2人の関係にひびが入ってしまう可能性があります。

女性と復縁できないと感じたのであれば、浮気を理由に別れるという選択もあります。浮気性の傾向にある女性は、一度浮気をやめたとしても、再度浮気しないとは言い切れません。

女性の浮気によってストレスを感じているのであれば、精神状態に悪影響を及ぼす可能性があります。ストレスから解放されるために別れるという選択も検討してみましょう。

浮気を理由に別れるなら証拠集めが大切

浮気を理由に別れると決めたのであれば、証拠を集めることが大切です。特に離婚をする場合、浮気の証拠が重要なポイントになります。

一般的に離婚は夫婦間で相談したうえで離婚にいたります。しかし、夫婦での相談がまとまらなかった場合、調停や裁判に発展する可能性があります。

調停や裁判において離婚を勝ち取るためには、女性が浮気している事実を示す証拠集めが欠かせません。

浮気の証拠を集めれば慰謝料請求が可能

浮気の証拠を集めれば慰謝料請求が可能

浮気の証拠は離婚をするためだけに有効なわけではありません。浮気の証拠は慰謝料請求にも役立ちます。

慰謝料は浮気をした女性(配偶者)だけに請求できるものではありません。慰謝料は浮気相手に対しても請求可能です。

浮気の証拠集めは探偵に依頼する

浮気の証拠集めは探偵に依頼する

浮気の証拠は離婚するため、慰謝料を請求するために有効ですが、すぐに集められるわけではありません。

例えばただパートナーと浮気相手が一緒に歩いている、食事をしている写真では浮気の証拠にはならないでしょう。

浮気の証拠として認められるのは、浮気相手との肉体関係が確認できるものです。具体的には以下のようなものが証拠として挙げられます。

  • 性行為がわかる写真や動画
  • ラブホテルに2人で出入りする写真
  • 肉体関係をほのめかすメッセージ
  • 不貞行為を認める録音データ

これらを素人で集めるのは難しいでしょう。そのため探偵に浮気調査を依頼するのがおすすめです。

探偵であればパートナーと浮気相手との不貞行為を決定づける証拠を集めてくれるでしょう。

探偵は専門的な技術を用いて調査する

探偵は一般人と異なり専門的な技術を用いて浮気調査を進めます。例えば、尾行や聞き込み、張り込みなどの技術を駆使して浮気の証拠を集めます。

さらに浮気調査をするのは一人ではありません。複数の調査員で浮気を調査します。

複数の調査員が専門的な技術を用いて調査するため、一般人が調査するよりも効率的に調査が可能です。そのため、より短時間で決定的な証拠を集められるでしょう。

法的なリスクを回避して調査できる

一般人であっても浮気の調査が可能です。そのため、パートナーである女性が浮気したのであれば自分で調査できるでしょう。

しかし、浮気調査にはさまざまな法律が関わってきます。例えば、浮気相手を尾行する行為はストーカー規制法の対象となり得ます。

ストーカー規制法に抵触してしまうと1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が科せられます。(※1)

一方、探偵は探偵業法で尾行や張り込みなどが認められています。そのため、法的なリスクを回避して浮気調査が可能です。

(※1)警視庁:ストーカー規制法

https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/kurashi/higai/dv/kiseho.html

調査報告書が証拠になる

探偵は浮気調査が完了すると調査報告書を依頼者に提出します。

探偵が作成する調査報告書は浮気の証拠として機能するというのが特徴です。しかし、注意すべきなのはすべての調査報告書が証拠になるわけではありません。

次のような条件を満たす調査報告書であれば、証拠として機能するでしょう。

  • 浮気の証拠になる写真が鮮明に撮影されている
  • 証拠写真の撮影時間がわかる
  • 時間に沿って調査内容が詳細に書かれている
  • 調査現場の地図情報が用意されている
  • 客観性がある

調査報告書はサンプルを確認できるため、依頼前に探偵にサンプルを提出してもらいましょう。

浮気している女性のサインが現れたら調査を進めよう

浮気性の女性は男性とすぐ親密になる、寂しがり屋といった特徴があります。

女性が浮気をし始めると、服装やメイクが変化する、見かけない下着が増えるといったサインが現れはじめるかもしれません。

女性が浮気をしていると疑われる場合は探偵に浮気調査を依頼してみましょう。

探偵であれば法的リスクを回避し、専門的な技術を用いて調査可能です。その結果、一般人よりも効率的に浮気の証拠を集められるでしょう。

アイヴィ・サービスでは浮気調査を承っています。

専門的な知識や技術を持った調査員が丁寧に調査を実施します。調査依頼前には専門のライフアドバイザーが入念にヒアリングします。

パートナーである女性の浮気に悩んでいる、浮気をしている可能性があるといった場合はぜひご相談ください。

無料相談窓口はこちら
通話料無料 24h受付 匿名OK 秘密厳守 専門のアドバイザーが責任を持って対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。
探偵事務所のアイヴィ・サービスは、全国どこでも24時間365日、ご相談・お見積もり無料です。誰にも相談できずにお困りのあなたの「一歩踏み出す勇気」をお手伝いします。
お電話しづらい方はこちらから メール相談窓口
目次